カーテン

近頃朝が明ける時間が遅くなりました。

日中はセミが鳴いていますが夜には少しずつ虫の音も聞かれる様です。

我家の千両の木、沢山の実をつけています。

正月頃になると赤い色になるが、それまで実を持っていられるかな?

20150810-1.jpg

 

 

金沢市内の小学校様より依頼を受けました舞台幕。

夏休み中に仕上げる為、2階カーテン作業場では袖幕に刺繍を入れる工程で、以前製作した製品の上に乗せて寸法の割り付けを行っています。

20150810-2.jpg

夏休みと年度末は舞台幕の仕事が集中します。

刺繍工場へ依頼したが「25校もの受注をかかえており納期まで遅れぬ様頑張ってみます」の返事。

 少々心細くなる答えで7月中ゆっくりしていた事が響いています。

ここは福井県某学校です。

体育館へ入り舞台上部の一文字を見てビックリ!です。

本来なら見えないはずの上部紐が枠より下がって見えています。

一定の距離を離れ、下がっても見える紐、なぜでしょう?・・・

20150130-1.jpg

 

私共が今までに施工させて頂いた一文字幕は9割程が枠に打ち付けでした。

(これは仕様書の指示通りにしていたので)

たまにパイプに紐を巻く時もありますがそれらは吊り下げて客側になる舞台前に立って見た場合でも

まず、紐が見えることはありません。

私は実父や先輩からある一点を基準にして一文字、かすみ幕の高さ寸法を決めるのだと教わりました。

既存の一文字幕丈は特に短い訳でもないのに・・・・。

中央に校章もついており人間に例えれば、一番大切な顔になる所と思います。

しばらく見てから体育館を後にしたが、何と言ってよいやら、気持ちがスッキリしませんでした。

金沢市内の中学校より、かすみ幕をお預かりしました。

11月現地で見た時の状況で下部が破れ、下がっております。

破れた箇所をアップしました。

20141215-2.jpg

 

不足分の生地を足し縫製中。

20141215-3.jpg

 

仕上がりました。生地もシッカリしているのでまだまだ使えますね。

20141215-4.jpg

これは某学校の体育館にある暗幕カーテンです。

失礼して撮らせて頂きました。

入口の暗幕がレールから外れ、ダラリと下がって辛そ~う。

20141001-0.jpg

下窓 これは切れているのでしょうか?

見ていると悲しくなります。

20141001-2.jpg

行事がある時だけ暗幕カーテンを使用するのでしょう。

でも少し手を加えればきちんとした姿になるのになあ・・・。

公共の施設等は予算の事もあり、なかなか修理代が出ない様ですね。

カーテンではなく舞台幕の事ですが敗れたりすると幕生地を寄せ、安全ピンで止めてあるのを見ます。

別珍は綿100%の製品で、古い生地ですとピンで止めると穴がより大きくなり、修理が難しくなります。

最近はポリエステル製が出回り、別珍に比べ破れにくいですが、

やはりピンで止めるのは避けた方がよろしいです。

よく似た生地を裏から当て(この時粘着テープ等は使用しない)すくい縫いで止めた方がよろしいかと思います。

私は職業能力開発推進法の規定による内装仕上げ施工(カーテン工事作業)の1級技能士です。

簡単に申せばカーテン縫製と取付部門に関して1級技能保持者と言う事で、

1級を持っているからああだ、こうだではなく、長年いくつかの現場を踏まわせていただき、

そのお蔭で分かった事等、今応用できる事があれば、それも合わせてご提案させて頂いております。

容姿は人も同じで高価な物を着なくても、洗濯した物で充分です。

清潔感のある身だしなみで居たいものです。

学校カーテンの修繕依頼です。

破れた箇所だけ切り取り、新しく生地を縫い付けます。

20140610-1.jpg

 

今から一幅分の生地を取替します。

20140610-2.jpg

見た目に色の差が出ますが、アイロンがけをし、いよいよ仕上がりです。

20140610-3.jpg

金沢市内の倉庫です。

壁面がガラスブロックでかこまれており、万が一割れた場合には破片が飛び散り危険です。

今回、この壁面に厚さが0.5㎜、透明糸入り防炎品ビニールカーテンを設置します。

私も現地でSカン付けの作業を手伝います。

20130918-1.jpg現地でのカーテン設置作業はレール取付も含めて1日で完了。

透明なカーテンなので、写真でははっきりとわかりませんが、実際に現地で見ると違いが分かります。

20130918-2.jpg

 

カーテンと言えば布地のものばかりではありません。

それぞれに役目を持った特殊なカーテンもあるんです。

夏休み中の小学校より、舞台幕の修繕依頼がありました。

内容は脇幕の取替が1対と修繕が1対。それと袖幕の修繕です。

拝見した所、脇幕の裾辺りが劣化しています。この脇幕は部分修繕をします。

別珍は綿100%で作られた幕であり、人の摩擦等で劣化しやすい。

 

袖幕の裏側です。破れた箇所を手縫いで直した跡。この袖幕も部分修繕します。

20130902-2.jpg

 

舞台幕の修繕は高所作業の為、足場を組んで取付けます。

20130902-3.jpg

 

修繕完成した脇幕です。舞台幕としていい仕上がりになったと思います。

20130902-4.jpg

 

卒業式、入学式シーズンが近づいてからの修繕では納期に追われることになり急ピッチの作業となりますが

今回のような夏休み中の作業は納期に時間の余裕がある為、私共からすれば有り難い事です。

2階のカーテン作業所では、小学校の舞台幕修繕に取り掛かっております。

脇幕の裾破れ直し。この箇所の修繕です。

20130824-2.jpg

袖幕の裏側を見ると、学校で直されたのでしょうか?縫い跡が見られます。

20130824-3.jpg

 

 

我が家に咲いている初雪草。雪が積もったように上の方ほど葉が白いのが特徴。

20130824-1.jpg

小高い丘の上から遠くを眺めると、向うに見えるのは戸室山、右手に見えるのは医王山スキー場です。

晴れた日はとてもいい眺め。

20130228-1.jpg

 

今日は、金沢市内中学校の一文字幕と袖幕の吊り込みです。

3月の卒業式前までに修繕完成希望という学校様がこの時期に集中し、

ここ数日間は、3校~4校の学校へ訪問をさせていただいております。

 

一文字幕の取付です。舞台の一番前側で高い箇所なので足場を組み立てての作業です。

20130228-3.jpg

新調された一文字幕と袖幕。

20130228-2.jpg

先生方も喜んでおられ、施工に携わった当社としてもとても嬉しく思いました。

金沢市内は昨日から降り続いた雪の影響で今朝も氷点下1℃~2℃。凍える朝です。

今日は金沢市内、山手の学校で体育館の中幕吊替え工事に向かいました。

校舎の軒下には氷点下を物語るつららがずらりと並んでいます。

20130225-4.jpg

体育館の中幕の裾が破れています。この中幕とワイヤーを取替えます。

20130225-1.jpg

舞台の天井から吊替え、高所作業になる為足場を設置しての作業です。

20130225-2.jpg

 

寒さの中作業は半日ほどかかりました。完成です。

20130225-3.jpg

きれいに仕上がった中幕はとても色鮮やかです。

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカーテンカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはその他です。

次のカテゴリは今日のできごとです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by
MovableType(MTOS)4.24-ja
畳大好き!愛畳者・武澤久美恵のブログ

ソーシャルブックマーク

はてなブックマーク(サイト内全体) はてなブックマーク数
このページのブックマーク: はてなブックマーク  はてなブックマーク

ヤフーブックマーク: Yahoo!ブックマークに登録 user


畳大好き!愛畳者・武澤久美恵のブログ

count