社長の休日

暦の上では23日大暑、24日は土用の丑で暑さもピークです。

今年も街道沿いのかかしが見れると楽しみに車を走らせる。

自社から山側環状線を利用し10号線を走行すると25分ほどで着きます。

浅川町まで車も少なく、袋板屋町辺りへ来ると肌に当る風も変わり、爽やかでカラりとし市内より2度は下がるのでは?

地域の活動でしょうか、毎年街道には花が咲き、見事です。

20150726-4.jpg

 

街道のかかしは「リアル かかし」と呼ばれ人気を集めている様で、湯涌ゆず街道かかしファンクラブまであるそうです。

今までお婆さんひとりのかかしでしたが、今年は孫が2人増えたのですね。思わずニッコリしてしまいます。

20150726-3.jpg

20150726-2.jpg

金沢の奥座敷とも言われる湯涌温泉には8軒の旅館があり、宿泊も良し又、お湯だけ入りたい方には

『総湯 白鷺の湯』があり、大人380円・中人(小学生)130円・小人(6才未満)50円と手頃な料金です。

私は時々この湯を利用しています。

湯から上がり温泉街をそぞろ歩きするのもいいものですよ。

梅雨入りしたものの、今年の金沢は雨降りが続かず晴れの日が多いです。

毎年朝顔を利用してグリーンカーテンにしているので、そろそろ準備ですが、

昨年買ったカンゾウの花が咲き、鮮やかな黄色で癒されます・・・。

20150621-1.jpg

 

昨年小粒で数多くとれた我家の梅。

「今年はやや大きいものの、数は少ない」と家族の話。

20150614-1.jpg

 

気象庁の発表では関西、関東は梅雨入りしているが、金沢は未だ梅雨入りの発表がありません。

割に天気が続いています。

ドクダミは花盛り、木いちごもオレンジ色の実をつけおいしそうですね。

20150614-2.jpg

 

20150614-4.jpg

チョット失敬して頂くとしま~す。

20150614-3.jpg

休日なのでゆっくり我家の廻りを歩く。

前側の素心ろうばいには大きな蕾がついているぞ~うれしい。

20141213-1.jpg

横側は椿、薮椿と思うが開花。

20141213-2.jpg

 

23年前に植樹したが頂いた時にはただ「椿や」と聞いただけで名前は不明。

もう12月になるが、今頃は十月桜(冬桜)が咲いている頃でしょうか忍者寺近くの本長寺境内、

兼六園庭内中程清水亭前、県立美術館横にと私が知っている所ではこの3箇所です。

冬の雪に耐え、春を待つ金沢の人、十月桜はまだ金沢市内に何箇所も植えられていると思います。

我家のグリーンカーテン用に植えたゴーヤ。

小さい実が付いたので有難くいただくことにしよう。

20140817-1.jpg

 

ゴーヤはとにかく苦いので今回は天ぷらにしてみた。

炒め煮にするより苦みが少なく食べやすかった。

20140817-2.jpg

「今年の梅の実は小粒や」と家族の話し。我家の梅の実です。

20140629-1.jpg

 

今日は休日でもあり、一粒一粒取り始める。

よく見るとやはり小粒である。

20140629-2.jpg

 

全部で約1キロあり梅酒用に決定。

梅雨期なのに、ジメジメせず天候の良い日が続く金沢です。

近所の八百屋で白カブラ7個買い求めた。

皮むきしたので、よいサイズに切った後塩漬けにします。

20131220-1.jpg

 

 

前庭のボタンに畳表をまわし掛けしました。

20131220-2.jpg

ボタン横の素心ろうばい。つぼみが大きくなっている。

お正月、花入れに一枝入れられるかな?

20131220-3.jpg

ここは白山市(旧松任市)安田町にある「高砂茶寮」

友人3人とで昼食会です。

20131219-1.jpg

のれんをくぐり中へ進むと酒蔵を改装した店内に入ります。通路を通り中庭に目を向けるとクリスマスツリーが置かれているが、時折降るあられが枝に白くかかり、気持ちはク・リ・ス・マ・ス(私は仏教徒ですが・・)

20131219-2.jpg

 

予約した席に座ってからは12月のメニューが順々に運ばれてきた。

牛フィルグリル万願寺甘とう添え和風みぞれソース

20131219-3.jpg

 

ズワイ蟹の炊き込みごはん卵包み

20131219-4.jpg

 

1時間半程の食事であったが酒粕(ごまつき)パンは初めて食べた。

ここは清酒 高砂を造っている酒造メーカーですが、中を改装し「高砂茶寮」をオープンさせてから10年経つそうです。

高砂の名前は謡曲で謡われており、お店の名前は金谷家(高砂酒造)の親戚である

国学者、古美術商であった細野燕台の元に逗留していた美食家の北大路魯山人が金谷家を訪れた時

酒を二升お上げした事や、後に魯山人が星ヶ丘茶寮を始めた事にちなみ名前を両方組み合わせ銘にした

と伺いました。

室内は落ち着いた雰囲気で靴を脱いで、室内に入るが各所テーブルの下にはホットカーペットが敷いてあり

寒さを感じる事なく、歴史ある古い酒蔵で充分味わせていただきました。

我家のカリン。今年は沢山の花がつき多くの実を期待していたが、

10月初めからの台風で葉や実も落ち残っている実もわずかになりました。

つわぶき、越前すいせんの際に落ちたカリンの実

20131023-3.jpg

 

 狭い庭ですが、つわぶき、名月椿(祐閑寺名月)が咲き見ていて飽きない。

10月6日の兼六茶会で席入りせず頂いてきた菓子(吉はし製)を冷凍室より出し、ゆっくり味わった。

20131023-2.jpg

 

10月6日は恒例 秋の金沢城・兼六園茶会日です。

久しぶりに路線バスを利用し香林坊からは徒歩で会場へ向かう。

途中、柿木畠の美食街を通り市役所裏の西外惣構堀付近まで来ると、

喫茶店前の旗に「金時芋ぜんざい」とかいてある。入ってみたいが、今日は目的が違うので、また今度・・・

20131016-1.jpg

 

西外惣構堀はいつ見てもいいところです。

20131016-2.jpg

知事公舎を右手に堀伝いに歩き、21世紀美術館横の松涛庵に到着。

しかし予想はしていたものの待ち時間が40分~1時間と聞いて呆然。

やはり午前中に来るべきだったと反省。結局第2候補の近くで未だ行ったことがない

「しいのき迎賓館」に変更。ちなみにここでも待つこと40分。

待ちは長かったが一面ガラス張りのすばらしい待合いで金沢城の石垣や堀をゆっくり見ることができよかった

この席は大日本茶道学会でした。

20131016-3.jpg

 

流派の違う席に入るのはそれぞれに趣があっていい事と思う。

二席目 時雨亭は時間も遅かったので待つことなくすぐ席入り出来た。

三席目は時間も遅いので菓子だけ頂いた。

北陸にしては天気が良い日でやはり晴れは嬉しい。

祭事の行事もあり多くの人の出であった。

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち社長の休日カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは畳大好きです。

次のカテゴリは私の趣味のページです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by
MovableType(MTOS)4.24-ja
畳大好き!愛畳者・武澤久美恵のブログ

ソーシャルブックマーク

はてなブックマーク(サイト内全体) はてなブックマーク数
このページのブックマーク: はてなブックマーク  はてなブックマーク

ヤフーブックマーク: Yahoo!ブックマークに登録 user


畳大好き!愛畳者・武澤久美恵のブログ

count